各種アミノ酸の働き

タンパク質をつくり医療にも貢献している基礎栄養

内藤 博 著 1999.04.24 発行 ISBN 4-89295-396-2 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)

アミノ酸は健康なからだの基本

各種アミノ酸の働き

多くの人は「アミノ酸」という名称を聞いたことがあると思いますが、それがどんなものか説明できる人は少ないようです。その理由には、アミノ酸はコレステロールやカルシウムなどと異なり、1種類ではなく、単に「アミノ」という化学性の部分を持つ「酸」の総称であり、およそ 種の主要なアミノ酸以外にも、天然には数十種がある、といった漠然としたものだからでしょう。
例えば、酢の本体は酢酸という酸ですが、これに「アミノ」が付くと「グリシン(アミノ酢酸)」という甘味の強いアミノ酸になり、全く性質が変わってしまいます。

よく言われるように、脂肪は肥満になる、コレステロールは動脈硬化になりやすい物質と、わかりやすく説明できます。しかしアミノ酸については、そのようにひと口で健康上の有益性、有害性をうたいあげることは難しいのです。
アミノ酸同様、「脂肪」や「食物繊維」も、互いに似た性質を持つ物質類の総称です。そして、脂肪は摂りすぎると肥満になりやすく、食物繊維は腸の中でいろいろな有害物質と結合して吸収を妨げることはよく知られています。また、1日数mgあれば充分な「ビタミン」も、互いに違った種類の物質類の総称ですが、体の中で作られないため、食物から補給しなければ欠乏になります。この点では、アミノ酸と共通しています。

しかし、アミノ酸がこれらとも違っている特徴は、20数種の性質の異なった種類のものが結合した形の「タンパク質」として、多種多様な特性を発揮していることです。

日本人の1日のタンパク質(良質)必要量は、20歳代男子が70g、女子で60gほどとされ、成長期では10〜20g 増と考えられますが、現在のわれわれの食生活でタンパク質が不足している心配はまずないといえます。ただ、人間はエネルギーの不足に対しては、お腹が空くという本能に従って食べることを始めますが、タンパク質が不足するというシグナルには比較的鈍感なため、注意が必要となります。

また、タンパク質の栄養効果は短期ではなく長い間に現れるということも、よく自覚しておかなければなりません。この数十年間に青少年の背が伸びて、体格もよくなったのは、なんといっても良質の(アミノ酸バランスの優れた)タンパク質をよく摂ってきたことによるものです。

本書では、タンパク質とアミノ酸についての基礎知識をわかりやすく解説したつもりですが、日常の健康管理に参考として頂ければ幸いと思います。


その他のアミノ酸関連書籍