各種アミノ酸の働き

タンパク質をつくり医療にも貢献している基礎栄養

内藤 博 著 1999.04.24 発行 ISBN 4-89295-396-2 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)

目次

各種アミノ酸の働き


    まえがき―アミノ酸は健康なからだの基本

第1章 アミノ酸はタンパク質の骨組み
   ・家の「柱」に相当する「タテの構造
      タンパク質の摂取はアミノ酸の補給
      アミノ酸の組み合せが体を構成
      20種類の結合順序の違い
      わずか1個の違いが大きな変化に
   ・家の「梁」に相当する「ヨコの結合」
      アミノ酸の三次構造が多様な作用を
      パーマのウエーブもアミノ酸結合の変化
      折り畳みと、ほぐれ
      立体構造と結合の切断
   ・新しいものと入れ替るターンオーバー
      成分が元と全く同じタンパク質をつくる
      加齢と共に合成バランスが崩れる
   ・必須アミノ酸が大切な理由
      体内でつくられないアミノ酸
      最も低い必須アミノ酸の比率
      100が理想的
      不足のアミノ酸を添加する
      食事の組み合せでスコアは上がる

第2章 アミノ酸の生理作用が役立つ
   ・医療に貢献しているアミノ酸食
      タンパク質とアミノ酸混合物の違い
      アミノ酸輸液が効果発揮
      症状に合わせたアミノ酸比率で効果
      アミノ酸混合液を使う理由
   ・個々のアミノ酸の性質の違い
      特殊な生理作用を発揮する
       【リジン】
       【メチオニン】
       【システイン】
       【トリプトファン】
   ・アミノ酸にはD型とL型がある
      光とアミノ酸の関係
      天然と化学合成の違い

第3章 ペプチドの生理活性作用
   ・アミノ酸より大きくタンパク質より小さい
      ペプチドとは
      食べたタンパク質からできる
   ・食品由来のペプチド類が効果
      血圧を下げる
      鎮痛効果
      免疫作用
      カルシウムの吸収性を高める
      コレステロールを排出
      食べ物からと化学処理からの区別も
   ・食生活を豊かにするペプチド類
      栄養以外の価値もある
      アミノ酸よりペプチドの吸収性がよい
      ペプチド輸液

第4章 タンパク質の摂り方
   ・1日必要量の決め方=バランス法
      質はもちろん量も大切
      運動量によって必要量は増えるか?
      どのくらい食べても安全か?
      必須アミノ酸の栄養価値を第一に
      タンパク質食品という意味


その他のアミノ酸関連書籍