カロペプタイドで元気もりもり

良質タンパクが血行促進、美肌、若返りに効果

大野 秀隆 著 1995.04.26 発行 ISBN 4-89295-354-7 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)

驚異的効果の数々

カロペプタイドで元気もりもり

たくさんの生理的機能効果
カロペプチドには、次のようなすばらしい生理的機能作用があります。

《血管を拡張し、新陳代謝を促進》
慶応大学名誉教授、生理学者の故・林操博士は、カロペプチド研究の第一人者でした。博士は、カロペプチドに血管を拡張、血液の循環をよくする効果があることを発見して、日本脈管学会総会で、

「カロペプチドは新陳代謝機能を増進させ、必然的に老化ならびに病的組織を賦活させる効果が顕著である」

と発表しました。
カロペプチドの血管拡張作用は、幾多の動物実験でも確証されていますし、サーモグラフィーを用いた人の血管映像検査でも血管拡張作用があることが認められています。
この作用は他の哺乳動物、犬、猫、牛、豚、アザラシ、イルカ等のペプタイドには認められません。
血行が良くなり、代謝機能が活発になることこそ、美と健康の贈り物といえるでしょう。

《理想的な良質タンパク源》
カロペプチドはアミノ酸のほとんどを含んでおり、健康維持のためすばらしい働きをします。タンパク質をつくっているアミノ酸は 20種類ありますが、カロペプチドはそのうち18種類を含み、その中には必須アミノ酸8種類をすべて含んでいます。

《血圧降下作用》
カロペプチドには、ゆるやかな血圧降下作用があります。高血圧は動脈硬化と相まって心筋梗塞などの心臓病や脳卒中のような成人病の引き金となります。やたらに血圧降下剤で高血圧の人の血圧を下げるのはよくなく、硬化した動脈を広げて血圧を徐々に下げていくのがベストなのです。

《リュウマチ、四十肩、五十肩に有効》
カロペプチドは血管末端の拡張作用をもち、末端組織の血行を良くするので、代謝機能を促進します。同時に、適度の温熱をもたらすので、冷え性には抜群の効果を発揮し、坐骨神経痛、肋間神経痛などの神経痛や関節痛の痛みを和らげます。同じようにリュウマチや五十肩などにもその効果は大いに期待できます。

《肝臓の機能回復に有効》
肝臓は体の化学工場といわれ、有害物の分解、必要な栄養分の産生、備蓄、供給をしている大切な臓器です。食物が消化し、吸収されたアミノ酸類から、自分の正常な特異的構造のタンパク質に新しく生まれ変わるのも肝臓で行なわれています。
この肝臓の機能が低下すると、ビタミンなどの栄養素が欠乏したり、解毒作用が弱まって有害物の処理がうまくできなくなって体に大きな影響がでてきます。
「肝臓病に薬なし」といわれます。それは、薬は一種の毒であり、肝臓に解毒作用があるからです。肝臓が一番必要とするものはタンパク質です。カロペプチドは豊富なアミノ酸類を含み、肝臓の機能回復や強化に最適です。

《美容に有効》
カロペプチドの血管拡張作用で血行が良くなれば、皮膚の新陳代謝がよくなり、角化現象が順調に行なわれると共に、角質層の水分保持能力を高めます。
また、真皮の主体をなすコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質をつくるアミノ酸の供給により、皮膚に弾力をあたえ、肌に潤いをもたらせます。さらに肝機能の向上で解毒作用が高まり、吹き出物などの皮膚障害を滅少させます。カロペプチドは肌の衰えを防止するタンパク質といえます。

《老化防止効果》
老化はタンパク質の変質と深く関わっています。カロペプチドの新陳代謝促進作用が、効果的にタンパク質のターンオーバー(再生)を早め、細胞の働きも活発化して、若さを保つのに役立ちます。


その他のアミノ酸関連書籍