カロペプタイドで元気もりもり

良質タンパクが血行促進、美肌、若返りに効果

大野 秀隆 著 1995.04.26 発行 ISBN 4-89295-354-7 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)

目次

カロペプタイドで元気もりもり


    まえがき―美と健康にペプタイド

第一章 カロペプチドってなに?
   ・オットセイのタンパク質
      ペプチドはタンパク質の分解物
      ペプチドはアミノ酸の結合体
      ペプチド結合とは
      医薬品として使われている
   ・カロペプチドの豊富なアミノ酸組成
      アミノ酸が結合してできるタンパク質
      カロペプチドのアミノ酸
      ペプチドからタンパク質へ
      多種多様なペプチド

第二章 生命の根源タンパク質
   ・タンパク質は生命の基本構成成分
      人体の約 パーセントはタンパク質
      タンパク質は遺伝情報も決める
      タンパク質の特徴
   ・タンパク質やアミノ酸の働き
      “アミノ酸プール”
      タンパク質合成に使用される
   ・十人十色なタンパク質
      タンパク質の分類基準
       《組成・起源・成因・溶解度などによる分類》
        @単純タンパク質
        A複合タンパク質
        B誘導タンパク質
       《分子の形状による分類》
        @繊維状タンパク質
        A球状タンパク質
      タンパク質は大きく分けて4種類
       《リポタンパク質》
        @核タンパク質にリン脂質が結合したもの
        Aリンタンパク質に脂質が結合したもの
        B単純タンパク質を構成成分としたプロテオリピド
       《糖タンパク質(グリコプロテイン)》
       《色素タンパク質(クロモプロテイン)》
        @鉄ポルフィリンを含むもの
        A鉄イオンを含むもの
        B銅イオンを含むもの
        Cフラビンを含むもの
        Dカロチン、クロロフィルを含むもの
       《リンタンパク質(ホスホプロテイン)》
   ・タンパク質欠乏による弊害
      タンパク質は強い味方
       《白血球阻害因子(LIF)活性の減少》
       《インターフェロン(IFN)の応答性の低下》
       《インターロイキン1(IL1)の生成低下》
       《プロスタグランジン(PG)の生成上昇、栄養性免疫不全の原因》
       《ストレスの悪化増進》

第三章 オットセイの生態
   ・オットセイは巨大な“肉食海獣”
      哺乳類食肉目アシカ科
   ・“繁殖島”でハーレム生活
      太平洋上の楽園?
      飲まず食わずで4ヶ月の子づくり
   ・スタミナ源は良質タンパク
      オットセイのタンパク質
      旨さの秘密はアミノ酸
   ・保護政策のおかげで絶滅回避
      オットセイ保護条約
   ・オットセイの和漢薬的効察
      家康の時代から長寿薬として有名
      一般的な強精強壮薬

第四章 こんなに凄いカロペプチド
   ・驚異的効果の数々
      たくさんの生理的機能効果
      《血管を拡張し、新陳代謝を促進》
      《理想的な良質タンパク源》
      《リュウマチ、四十肩、五十肩に有効》
      《肝臓の機能回復に有効》
      《美容に有効》
      《老化防止効果》
   ・カロペプチドの臨床報告
      慶大教授による臨床実験
       1.血圧降下作用
       2.末梢血管の拡張作用
       3.大脳皮質表面の感受性に及ぼす影響
       4.鎮痛効果の考察
      似た作用をもつ物質との比較
   ・日本でのカロペプチドの現状
      オットセイ製薬による独占状態

その他のアミノ酸関連書籍