かつお節オリゴペプチドの威力

高血圧の予防と解消に役立つ新物質

大嶋 一徳 著 1997.09.23 発行 ISBN 4-89295-380-6 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)

目次

かつお節オリゴペプチドの威力


    まえがき―非薬物療法の新しい逸材

第1章 高血圧の怖さを知ろう
   ・高血圧ってどんな病気?
      血圧=心臓ポンプの威力
      最高血圧160mmHg以上は危険域
      高血圧の9割以上が「本態性高血圧症」
   ・合併症が心臓と脳を直撃する
      長患いが動脈硬化を促す
      死亡原因のトップは高血圧?
   ・血圧上昇を招く七つの因子
      こんな人は要注意!
       @遺伝的な素因をもつ人
       A塩辛い食物が好きな人
       B高齢者、更年期以降の女性
       C太っている人
       D酒好きの人
       Eヘビースモーカー
       F仕事を頑張りすぎる人
    〈高血圧に関するQ&A1〉

第2章 かつお節オリゴペプチドの威力
   ・日本の伝統食から発見された降圧物質
      かつお節オリゴペプチドとは
      すぐれた降圧作用をもつオリゴペプチド
      体内で一部が切り離されて活性型に
   ・血管の収縮を抑えて血圧を下げる
      血圧上昇を促す「ACE」を阻害する
      食品たんぱくの中で最強の活性
   ・かつお節をそのまま食べてもダメ
      かつお節自体には降圧作用がない
      「生節」由来のペプチドにも活性がない
   ・六割以上の高血圧者が「下がった!」
      高血圧者を対象にした臨床試験
      かつお節オリゴペプチドの安全性も確認
   ・再度の調査でも六割以上の有効率
      心理的な影響の出ない厳格な試験
   ・若いうちからの高血圧対策に有効
      遺伝的な体質の改善に役立つ
   ・血圧上昇にともなう心不全の予防に
      血圧降下+心臓を保護する作用
      今後の研究データに期待!
   ・副作用のない安全性が魅力
      高血圧との闘いは長期戦を覚悟!
      薬剤には副作用がついてまわる
      かつお節オリゴペプチドの安全性
   ・体にやさしいおだやかな効果
      体に負担をかけずに血圧を下げる
      体の中でゆっくり活性型に変化する
      血圧を下げる力は医薬品と同程度
   ・鰹節オリゴペプチド愛食者の声
      180mmHgもあった血圧が140mmHg
      血圧が下がり、頭のふらつきも消えた
      高血圧で倒れる不安から解放された 

第3章 日常の高血圧対策のポイント
   ・生活習慣の改善は寿命にも影響する
      国際的な「生活の軌道修正」案
      血圧を5mmHg下げると死亡率が低下する
   ・「控えたい食品」と「増やしたい食品」
      塩分の摂取量は1日10g以下に
      「都市型」高血圧の大敵は動物性脂肪
      大豆や穀類、魚類をたくさんとる
      野菜に豊富なカリウムと繊維質も有効
      かつお節オリゴペプチドを一日3g
   ・汗ばむ程度の適度な運動も効果的
      気長に続けることが最も大切
      合併症予防のためには「減量」も必須
      刺激の強い嗜好品の摂取も控える
    〈高血圧に関するQ&A2〉

その他のアミノ酸関連書籍